TIPS

2017.09.26

「筋肉と骨LIVE!!第7回 日常動作の美術解剖学」セミナーが開催されました!!

9月23日、弊社にて「筋肉と骨LIVE!!第7回 日常動作の美術解剖学」セミナーが開催されました。

セミナーの主催はもちろんこの方!自身の体を使って解剖学を教えることができるアートモデル 兼 講師の海斗さんです!

 

日常動作の美術解剖学ということで「何気ないしぐさ」を中心に話は進んでいきます。

モデルさんがとる「何気ないしぐさ」を必死に観察!

余談ですがディズニースタジオのイラストレーターも同じ作業を繰り返して勉強していったそうです。

人間の体は本当に難しい!ちょっと体をひねっただけでそこら中に奥深いカーブが生まれていきます。

これはモデルさんを直接見ないと絶対分かりませんよ~!!

僅かな時間も無駄にしないように、皆さん懸命にクロッキーを重ねて行きます。

 

午後に入るとより本格的に日常動作へ。

シャツを脱ぐという動作をモデルさんはひたすら繰り返します(お疲れ様です!)。

その後は少し座学、足回りの筋肉を解説!

さすがに1動作にかける時間がそこそこあるので、あまり動作パターンは多くありませんでしたが、続編に期待ですね!

 

写真では受講者の方がモデルさんの体に触れていますが、これは主に骨を確認しています。

美術解剖学に積極的な海外では、モデルさんの体に触れて骨格を意識することに相当時間を割くそうですが、おそらく日本でそれができるのはここだけでしょう!!

確かに表層から見える骨らしきものや筋肉の位置は、あくまで推測でしかありません。

触れることで情報量を増やして、より正確なイメージを掴んでいきます。

 

さて次回は立体を作りながらの講座が予定されています!

クロッキーはちょっと・・・という方や、もっと直感的なものに出力したい人にぴったりだと思います。

人体は1日にしてならず!次回も勉強させていただきます!!