TIPS

2018.01.24

1月14日「ワールドカービング」レッスンが開催されました!

1月14日、弊社にて「ワールドカービング」レッスンが開催されました!

 

カービングとは彫刻のことで、、彫る素材・対象によって名称が異なり、主にはフルーツ、ベジタブル、ソープ、キャンドルなどがあります。

発祥はタイ、スコータイ王朝時代の儀式で、果物に装飾的な彫刻を施したのが始まりといわれているそうです(wikiより)。

本レッスンは弊社で行っていただくのは今回が始めてとなりまして、フルーツ、ソープを画材として、カービングとデザインを学んでいく内容となっています。

 

ご指導いただけるのは石川さちこ先生、人当たり柔らかな印象の優しい先生なのですが、雰囲気とは裏腹にスーパーハードな実績をお持ちです。

なんと!本場タイの世界大会でトップに輝いたワールドチャンピオンでいらっしゃいます!

最初にお会いしたのは粘土彫刻のセミナーだったんですが、「なんだこの異常に上手い人は・・・?」と思ってました。それもそのはずというわけで・・・^^;

下に先生のブログのリンクを張っておきますので、一度作品をご覧くださいませ!

 

さすがワールドチャンプにもなりますと驚愕のデザインワークをされていまして

 

・大体1作品にかかる時間は2~3時間

・下絵を描かない

 

という2つの特徴があります。ブログで作品をご覧いただくと分かりますが、にわかには信じがたい・・・

しかし私は見てしまった、マジです、マジで速いし即彫ってる^^;

 

個人的に『スピードデザイン』は1つのテーマです。

速く作品を完成させられれば次の作品を作るモチベーションも生み出しやすく、デザイナーとしてはよいスパイラルになるんじゃないかと期待してたりしますが、その糸口を見つけるべく勉強させていただきます!

 

さてカービングの先生としては間違いなく世界トップクラスの先生の下、人生初のフルーツカービングをしてみました!

カービング初心者はりんごを使って単純な切込みを入れて行って、その繰り返しで幾何学模様を作っていきます。

結果はこちら、どーん!

 

 

む、むずい・・・揃わない、きれいじゃない、左右で違う・・・。

ぱっと見よく見えるかもしれませんが、まぁ先生の切り口と比較するとお話にならないカオスな感じです。

しかし!そんな中でもちょっとポイントが垣間見えました!

 

①彫る形状、溝の形自体が一つのデザインですが、彫る前にその形状をよく意識する。

②果物に入っているカービングナイフ最先端の位置を常にデザインに沿う様意識する。

 

次回はもっと綺麗にさばいて見せましょー!!

その他出席者様の作品もアップさせていただきます!

 

  

 

今年1年はびっしりレッスン開催予定、ご興味のある方のご参加お待ちしております!

 

 

■石川さちこワールドカービング

https://ameblo.jp/mikke-ta/