TIPS

2018.04.26

4月22日人体モデリング会「彫塑ロジュエ東京」が開催されました!

4月22日、弊社にて人体モデリング会「彫塑ロジュエ東京」が開催されました。

今回から第2クール突入でございます!
新しいモデルさん&新しいポーズで、全4回でお届けいたします!!
モデルさんは日本人女性の方で、フェミニンな印象と独特の雰囲気をお持ちでして、なんといいますか例えるならば最初の頃の宇多田ヒカルみたいな?
ポーズは椅子に座っての足を横に流すポーズでLet's GO~!!

と、その前に!ZBrushユーザーであれば既にご存知の方は多いと思いますが、3月29日にZBrush 2018がリリースされました!!
直前のマイナーバージョンアップは2年5ヶ月かかったので、1年も経たないこのアップデートには驚いたユーザーも多いのではないでしょうか?
最大の目玉機能はSculptrisにも搭載されていたダイナミックテッセレーション機能で、「Sculptris PRO」なるポリゴン自動分割機能でございます!
もうDyna Meshはいらないのか!?少なくともZBrushで完結するデジタルスカルプトにはうってつけな筈・・・これを試さぬ理由はない!!
というわけで新機能を使ってやってみよーの結果がこちら↓

 

 

な、慣れん・・・^^;
デフォルト値だとかなり細かくメッシュ分割されることが足かせとなりまして、大まかな形をとる作業にかなりの支障がでてしまいました。
これは終盤で分割をコントロールする項目を発見しまして、荒くすることで解消はされたものの、どうやらZBrush 2018はソフト自体も重くなったようでして今までセミナーで使っていたノートパソコンだとかなーり厳しくなってきました。
まぁ6~7年前の当時5万ぐらいのノートパソコンだったので当たり前ですね^^;次はsurfaceでも買いましょうか・・・
逆に言うとZBrushはマシンパワーをそれほど求めないのでその辺も魅力です!

今のところZBrushの紹介がほとんどの気がしますが!
前半硬かったモデルさんのポーズも、後半緊張が取れたのか緩んできまして、ジェスチャーのラインが美しくポーズがぐっと良くなってきました。
今回のポーズは座位ということもありまして、立っている時とはまた違った難易度があります。
椅子もありますし、単純に体のパーツで密着している部分が多くて難しいですね^^;
今回は押し合うお肉の様子を見るため、右ひざを深めに曲げこんでいますが、他の参加者様の作品からもそのあたり見て取れるかと思います↓

 

次回は5月27日、個人的にちょっと環境整えて再戦します・・・^^;
もちろんデッサンでも彫刻でも!皆様のご参加お待ちしております!!

 

 


■彫塑ロジュエ東京

http://heiho20.wixsite.com/watanabeissho/blank-7