TIPS

2018.12.27

12月15日、弊社にて「美術解剖学モデルが教える美術解剖学講座」が開催されました!

12月15日、弊社にて「美術解剖学モデルが教える美術解剖学講座」が開催されました!

 

本セミナーは美術解剖学モデル海斗さんが主催する、全10回に分けて美術解剖学を体系的に学んでいくものとなっております。

 

第8回目となる今回のテーマは「脂肪」です。

美術解剖学として脂肪について学べる、とても貴重な機会です!!

 

初めは座学です!グラフを見ながら性別や年齢による脂肪の付き方の差、脂肪の付く位置などを学びます。

こうした知識はキャラクタークリエイションの際にとても役立ちそうですね。

また、脂肪を付けないコツも教えていただきました。なんだか健康セミナーみたいです!

 

 

知識を頭に入れた後は実際にモデルさんを観察していきます。

まずは女性モデルさん二名。とても華奢なYUさんと、グラマーなacoさんです。

二名を見比べながらスケッチしたり、参加者が各々で気になったことを質問していきます。

 

学んだ知識を基に、モデルさんの50代の姿と10代の姿を描いてみようという応用的なスケッチも行いました。

こちらは私のスケッチです。

左が50代、右が10代。太っただけ、痩せただけになってしまうのが難しいですね~。

他の参加者様のスケッチも見せていただいたんですが、年齢をうまく表現していらっしゃいました。画力~!

 

続いては男性モデルさんを比較していきます。

今回は一般体型のモデルさんに来ていただき、筋肉質な主催兼モデルの海斗さんと脂肪のつき方による体型差を比較していきます。

もちろん、男女での脂肪の付き方の差も観察しましたよ!

 

ラストはスケッチタイム!

それぞれ体格の違うモデルさんを順番にスケッチしました。

 

私のスケッチはこんな感じでございます。

 

また、今年最後の美術解剖学セミナーということで、忘年会も行われました。

盛り上がってますね~!

 

次回は『人を描くワークショップ』を予定しております。

いよいよ応用編に突入していきます!

もちろん初参加の方も楽しめるセミナーだと思いますので、人体解剖学に興味がある方、ぜひご参加ください!