TIPS

2018.06.27

6月16日、弊社にて「美術解剖学モデルが教える美術解剖学講座」が開催されました!

6月16日、弊社にて「美術解剖学モデルが教える美術解剖学講座」が開催されました!

海斗さんプレゼンツの体系的な美術解剖学全10回!(10回出なくてもよいですよ~)

今までと異なり教科書に沿って進めていく内容となっており、漏れなく解説していただけます。

その第2回目となります今回のテーマは「体幹と胴体」です!

 

 

ここはボリューム満点ですよ~一日で語りつくせますでしょうか!?

さて参りましょうれっつ解剖学!!

 

今回は豊富なセミナー写真と共にお届けいたします!

最初は肋骨~胸骨~鎖骨あたりから、体全面上部でございます。

 

海斗さんとしーさんに座っていただいて鎖骨の解説が進みます。

二人並べば語られるのは男女差ですね!男女は肋骨の容積の違いから色々な違いが現れます。

皆さんとても真剣です、もう一歩寄ってみましょう。

 

皆さんマジ超真剣です!聞き漏らすまいという意識の高さを感じる一枚ですね!

モデルさんの視線に近いと思いますが、このプレッシャーは・・・なんだ!?

 

腰の辺りを確認しています、上前腸骨棘を確認しているところでしょうか?

女性の場合はかなり目立ちますので、作品を作るときの目印にできますよー!

 

ご覧の通り、実は今回は女性モデル2人+海斗さんという3人構成!!

前回遠くて見辛かったというリクエストにお答えしての対応とのことです。

これは全然申し分ございません!

 

腰周りの男女差解説です。

男性の場合は上前腸骨棘の位置は大分奥まっている上に、腹斜筋が発達しますので女性と比べると分かりにくいですね。もちろん目印にはできますよ~!

 

モデルのYUさんです、腰が見えるように手を上げていただいているところです。

何かお会いするたびに体にメリハリがついて観察しやすくなっているように見えるんですが、多分鍛えてはりますねプロ根性に脱帽、ありがとうございます!

 

海斗さんがおなか周りの筋肉を解説されているところです。

寝たときには腹直筋と腹斜筋の硬さの違いは印象的ですね!詳細は是非セミナーでモデルさんに触れて確認してみてくださいまし!!

 

さて今回は背中ももちろんやりましたが、ちょっと胴体はボリュームありすぎて若干溢れております^^;

無理もなし・・・重要で量多いですもんね^^;

次回は7月14日、胴体に若干触れてからのテーマは「手と腕」です!

手も腕も筋肉ネットワーク半端ない量ですので気を引き締めてまいりましょう!

 

次回セミナーですが場所が変わる可能性がございますので、主催者様からのアナウンスにご留意いただければと思います。

 

体系的な解剖学を一緒に学びませんかっ!?キャラクタークリエイションに興味のある方のご参加お待ちしております!!

 

 

■美術解剖学モデル海斗

http://artmodel-hiro.com/