TIPS

2018.11.02

10月20日、弊社にて「美術解剖学モデルが教える美術解剖学講座」が開催されました!

10月20日、弊社にて「美術解剖学モデルが教える美術解剖学講座」が開催されました!

本セミナーは美術解剖学モデル海斗さんが主催する、全10回に分けて美術解剖学を体系的に学んでいくものとなっております。

第6回目のテーマは「脚・足・お尻」です!

脚の構造もいざ理解しようとするとかなり難しいんですよね。

 

今回はモデルさんが三人おりまして、性別や体型による差も観察させていただきました。

性別の差はもちろんですが、体型でもかなり筋肉や骨格の見え方が違ってくるので非常に参考になります。

 

海斗さんのお脚です。とてもデッサンしたくなる形をしていることがお分かりいただけると思います。

 

立ち姿だけでなく椅子座った状態、正座した状態など色々な姿勢を観察させていただきました。

こちらはハムストリングス(太ももの裏の筋肉)学習のため、すごいポーズをしていただいているところです。本当にありがとうございました。

 

骨盤の模型を用いて説明していただいているところですね。

 

個人的にはこれまで膝の構造がいまいち理解できずにいたのですが、今回で無事解消いたしました!良かった~!

 

今回で全身を一通り学習し終えたことになります。

それを記念した懇親会も行われました!

 

今後はこれまで開催した人体解剖学の補足や、参加できなかった人のための補講も開催予定とのことです。

詳細をお待ちください!

 

次回11月17日は「人種の差」をテーマに開講予定です。

人体にご興味がある方、ぜひご参加ください!

 

 

■美術解剖学モデル海斗

http://artmodel-hiro.com/