TIPS

2018.11.30

11月17日、弊社にて「美術解剖学モデルが教える美術解剖学講座」が開催されました!

11月17日、弊社にて「美術解剖学モデルが教える美術解剖学講座」が開催されました!

 

本セミナーは美術解剖学モデル海斗さんが主催する、全10回に分けて美術解剖学を体系的に学んでいくものとなっております。

 

今更になりますが、前回から画像の塗りつぶしをしておりません。

セミナーのリアルな光景をご覧いただければと思いますっ!

 

第7回目のテーマは「人種の差」です。

日本人モデルさん二名に加え、黒人男性モデルさんとイタリア人女性モデルさんの二名を観察できるかなり贅沢な回です!

 

 

午前は日本人男性モデルの海斗さんと黒人モデルジョンさんの比較です。

とてもがっしりとした体型のジョンさん、なんと9等身なのだとか!

海斗さんも非常にたくましい体をしておられるのですが、ジョンさんと比較すると幾分か華奢に見えてしまうのが驚きでした。

また、僧帽筋(肩の筋肉)のボリューム、胸骨の大きさ、おへその位置やひらめ筋の位置など様々な点で違いがみられました。

個人差を超えた、人種による差がはっきりとあることに気付かされます。

 

午後は日本人女性モデルのYUさんとイタリア人女性モデルフラブィアさんの比較です。

肋骨の厚みなどはだいぶ違いましたが、おへその位置などはほぼ同じでした。

顔つきではかなり人種差を感じるのですが、体型では黒人モデルさんと比較したときほどの差がなかったのが意外でした。

ラテン系イタリア人の方は比較的日本人に近い体型なんですね。

 

 

最後は外国人モデルさん同士の男女のダブルポーズをスケッチ。

とても絵になります!

 

次回は「脂肪」をテーマに開講予定です!

主催の海斗さん曰く、「脂肪をテーマに人体解剖学講座をやるのは日本ではほとんどないのではないか?」とのこと。

私も美術解剖学の本を何冊か買いましたが、脂肪については詳しく載ってないんですよね。

しかしながら、セミナー内でも「この部分は何ですか?筋肉ですか?」「これは脂肪ですね。」というやり取りを何度か耳にしました。

脂肪は筋肉や骨格と同じくらい人の外見を構成する大きな要素だと思います。ぜひ学んでおきたいですね。

脂肪にご興味がある方、ぜひご参加ください!

 

 

 

 

■美術解剖学モデル海斗

 

http://artmodel-hiro.com/